医療用ウィッグのいろは

医療用ウィッグは、抗ガン治療や男性型脱毛症などの影響で、脱毛した頭皮に着用するウィッグで、その形状や質は日々進化しており、自然で自分らしいスタイルを実現することができるオーダータイプのものも開発されています。
このような医療用ウィッグを着用するのと同時に、脱毛した頭皮に対して適切なケアを行うことも大切といわれており、余分な皮脂を取り除き、潤いを与え、血行を促進する育毛ケアを施すことが大切といわれています。

医療用ウィッグの着用と合わせて行いたい育毛ケア

医療用ウィッグの着用と合わせて行いたい育毛ケア 医療用ウィッグの中には、頭皮の型寸を丁寧にはかり、綿密な手作業で植毛が施されて作られているものがあり、自分の好みにアレンジできたり、長さを調節することができる高品質で自然なものがたくさん開発されています。
そして、医療用ウィッグを着用している期間に、育毛効果が高い酵母液を頭皮に塗布し、活性酸素の除去に効果的な活性水素水のスチーマーで毛穴を開いて汚れを浮き上がらせる育毛ケアがおすすめされています。
これによって、毛穴の汚れや余分な皮脂が取り除かれ、頭皮の環境を整えることができます。
また、シャーンプーも重要で、シャンプーの際には、頭皮をマッサージし、育毛の妨げとなる血流の悪さを取り除くことも大切なケアといわれています。

医療用ウィッグは頭皮への余計な刺激が少ない

医療用ウィッグは頭皮への余計な刺激が少ない 医療用ウィッグの魅力は頭皮に優しく、負担をかけないことにあります。
髪は頭皮から生えてきますから、育毛のためにも頭皮に刺激を与えないようにしましょう。毎日少しずつ与える刺激が原因となり、抜け毛を増やしてしまうことは多いです。
ファッション用のウィッグと比較して医療用ウィッグは頭皮にダメージを与えないので、抜け毛がそれほど増えません。
装着しない状態よりは若干増えますが、シャンプーを徹底すればかなり抑えることができます。
アミノ酸シャンプーを使用して二度洗いを心がけると、汗と皮脂をすっきりと除去できるでしょう。
汗が溜まってしまうと毛穴が詰まりますし、頭皮環境を悪化させることになります。ボディに汗が付着した状態のままだと、かゆみや炎症が発生してしまうでしょう。
これは頭皮についても言えることであり、汗はしっかりと除去していく必要があります。
医療用ウィッグを使用して抜け毛が増える場合は、留め金の部分が髪に引っかかるのかもしれません。
装着するときは髪を巻き込まないように意識してください。装着のし方が悪いと外すときに髪が引っ張られるので、早めにコツを覚えてしまいましょう。
装着中に髪の根元に痛みを感じるようなら、髪を巻き込んでいる可能性があります。

役立つ医療用ウィッグ関連のリンク

超高級人毛100%の医療かつら・ウィッグ専門店のサイト

医療用かつらの販売